ノンアメリカニゼーション。

ごく普通の日本人がアメリカの田舎で生きていく記録。

謎のファッションブランド,Superdryとは

先月西海岸へ旅行に行った時に,ラスベガスに立ち寄った.ラスベガスというと治安が悪いようなイメージを持つ人がいるかもしれないが,全米で最大規模の観光地であり,治安の改善にかなり力を入れている.そのため,中央通りであるストリップ通り沿いであれば,夜中出歩くのも問題無いほどに安全だ.勿論最低限の注意は怠らずに.ラスベガスについてはまた別の記事で書くつもり.



ラスベガスでは色んなホテルに行ってカジノをしたりショーを見たりするのが醍醐味.ストリップ通りを移動して次のホテルに行こうとしてるときに,とんでもない店が目に入ってきた.









Superdry 極度乾燥(しなさい)




なにこの破壊力抜群のブランド名.直訳ってこういうことを言うんだね.2つの翻訳システム使ったら,「極度乾燥」「極度乾燥しなさい」の2つが出ちゃったから括弧つけて(しなさい)になったんだろうか.もうちょっと他にやりようはあったんじゃないかな.でもこの店名にしたおかげで俺もブログ記事書いちゃってるわけだし,まんまとお店の戦略にハマっているのかもしれない.







お店の中は流石にファッションのお店という感じ.オシャレな雰囲気が漂う.服のデザインも,極度乾燥(しなさい)のロゴが入ってる以外は日本の20代くらいの人が普通に着てそうな感じ.しかし値段は結構高い.ジャケットだと4万円くらいするものもあった.


気になるので調べてみると,イギリス発の結構有名なブランドらしい.Wikipediaによると,


公開有限会社スーパーグループ(英:SuperGroup plc)は、「Superdry 極度乾燥(しなさい)」ブランドで知られる英国の服飾企業。「極度乾燥」製品は、米国のビンテージ生地と日本に触発されたデザイン、英国テーラーの三つ巴を組み合わせた製品である。


特に活発な広告宣伝活動を行なうことなく、2007年から2009年中頃にかけて販売したブラッド革のジャケット(サッカー選手デヴィッド・ベッカムが着用)7万着を売り上げた。2008年に極度乾燥ブランドは全国展開し、英国国内の主要都市、こと学園都市に展開された。


2012年現在、極度乾燥ブランドは欧州、北米、南米、中東、豪州、アジアの40ヶ国に展開している。




極度乾燥半端ねぇ.


ベッカムが着ちゃってるよベッカムが.調べてみると,他にもハリーポッターのダニエル君や今話題の国際指名手配のジャスティン・ビーバー君なんかも着ちゃってるらしい.すごすぎるよ極度乾燥...




公式サイトに商品カタログがあるので,色々と面白い商品を見ることができる.





こんなのとか.


こんなのとか.



こんなのとか.




極度乾燥の上に極度のガソリンとかもう絶対燃えるじゃん.よく見てみると「East of Yokohama, Japan」「Route 66」「Championship」「The real one」とか色々詰め込みすぎててもう何のメッセージが込められているのか分かんない.ちなみに値段は4000円以上.一体誰が買うんだこれ...




日本では残念ながら出店していませんが,色んな地域で海外展開しているそうなので,海外旅行にでも行った際に立ち寄って一足先のオシャレに極度挑戦してみてはいかがでしょうか.(しなさい)




matome.naver.jp

広告を非表示にする