ノンアメリカニゼーション。

ごく普通の日本人がアメリカの田舎で生きていく記録。

アメリカでも大流行!ポケモンGOだけじゃない,任天堂のコンテンツ力がすごい

7月はじめにアメリカでポケモンGOが配信されてから,早くも2週間が経ちました.配信当初から現在まで,テキサスの大学町ですら爆発的な人気を博しています.先日ついに日本でも配信になったようで,この週末は日本中でポケモンが乱獲されているんじゃないでしょうか.

日本にいた時はいまいちピンと来ませんでしたが,実際にアメリカでの反応を目の当たりにし,任天堂のコンテンツ力に改めて驚かされました.日本でもニュースやネットの記事で話題になっていましたが,本当に爆発的な流行になっています.



ポケモンGOが7月5日にアメリカ・オーストラリア・ニュージーランドで配信が開始.徐々に配信地域を拡大し,歴代スマホアプリの色々な記録を塗り替えているらしい.日本では毎日のようにリリース日のデマ情報が飛び交い,多数のメディアでも取り上げられて配信前からお祭り状態.まさにポケモンGOが社会現象になっている.


アメリカでは配信から2週間が経過し,既に入手可能な全てのポケモンを手に入れた猛者もいるらしい.俺が住んでいるテキサスの大学町(糞田舎)ですら,ポケモンジムにはCP2000以上のカイリューやカビゴンが常駐しているような状態であり,全米どこの地域でもガチ勢が生まれるくらい爆発的な人気を博しているようだ.


大学の友達も,帰り道にウォーキング(という名の孵化作業)をしてポケモンを探しているらしい.友達によると,町のはずれにある公園にポケストップが10個ほど点在しているらしく,そこにポケモンGOガチ勢が集まっているとのこと.週末にご飯を食べたあとに皆で散策してみることに.


このとき既に夜の11時






うわぁーみんなポケモンGOやってる!


3年間この町で暮らしてきて,今まででダントツで人口密度が高い.人が多すぎて駐車スペースを探すのでまず一苦労.結構な広さの公園なんだけど,ポケストップが点在しているエリアに最低でも300人もの人が群がりみんなでポケモンを追いかけている.少しレアなストライクが出現したときは,皆がポケモンの居場所を教え合って300人でストライクに向かって大移動ストライク目線だったらすっげー怖いんだろうな


何がすごいってこれが起きてるのが大都会だけじゃないってコト.アメリカのみならず,世界中のいたるところで似たような現象が起きている.これはやっぱりNianticのゲームシステムと,任天堂のコンテンツ力を合わせた結果なんだろうか.





大学で発行されている新聞の一面もポケモンGO.テキサスの地方局のニュースもポケモンGO.ネットニュースでもポケモンGO.CNNやBBCでもポケモンGO.種類・規模を問わずとにかく色んなメディアで取り上げられており,改めてポケモンのすごさっていうのを実感.




ただ忘れていはいけないのは,任天堂のコンテンツはポケモンだけではないってコト.他のキャラクターだって海外でも人気者.





先日,カリフォルニア発祥のヨーグルトランド(Yogurtland)というソフトクリームのチェーン店に行った時,なんとマリオのキャラクターとコラボしていた.7月・8月の間,時期に応じてキャラクターの名前がついたフレーバーを販売しているらしい.


マリオキャラクターは英語も日本語も一緒だと思ってたけど,

  • クッパ  → Bowser
  • キノピオ → Toad 
  • クリボー → Goomba
  • ヘイホー → Shy Guy
  • ノコノコ → Koopa Troopa

と実際は結構違う名前になってるみたい.


クッパはKoopaじゃないのに,ノコノコにKoopaが入ってるんかーい!とか,ヘイホーがShy Guyって面白すぎるだろ!とか日本人として言いたいことは色々あるよね...




ヨーグルトランドは基本的にセルフサービスで,自分でカップに好きなだけアイスを入れていく仕様になっている.更にフルーツやチョコをトッピングすることもでき,値段はフレーバー・トッピング種類など関係無しで重さのみで決まる.


この日はマリオのチョコとクリボーのコーヒー味が置いてあった.せっかくなので,マリオシリーズのフレーバーを試してみよう.




こちらが完成形.アイスのフレーバーだけでなく,カップもマリオ仕様になっている.チョコ・コーヒー・バニラのフレーバーをミックスして,トッピングにオレオとチョコチップをのせてみた.このボリュームで3ドル弱だったので,日本で買うサーティーワンよりは少し安いかなーっていう印象.


アメリカで甘いものは基本的にあんまり美味しくないんだけど,アイスだけはメッチャ美味い.ヨーグルトランドは季節によってもフレーバーが変わるので,いつ行っても楽しむことができる.今回は,特にクリボーのコーヒー味が美味しかった.残念ながら日本にはまだ出店してないが,ハワイにはあるそうなので,近くまで来た際にはぜひ行ってみてはいかがでしょうか?





いかがだったでしょうか?ポケモンGOは今や世界中で大人気のゲームとなりましたが,この勢いは一体いつまで続くのでしょうか.対戦や交換のシステム,ポケモンの増加等のアップデートをしていけば,かなり息の長いゲームにもなり得ると思うので,この先のポケモンGOの動きにも注目ですね.任天堂にはこれからも自社コンテンツを上手く使った戦略に期待したいですね.頑張れ日本企業!

広告を非表示にする