ノンアメリカニゼーション。

ごく普通の日本人がアメリカの田舎で生きていく記録。

地底に広がる別世界!アンテロープキャニオンに行ってきた

先日に引き続きアメリカ西海岸旅行記第二弾,アンテロープキャニオン編.

 

 

 

先日紹介したグランドキャニオンは,きっとほとんどの人にとって聞いたことのある名前だっただろう.一方アンテロープキャニオンは日本での知名度はそこまで高くないんじゃないかな?しかし行ってみるとグランドキャニオンに負けず劣らず大自然を全身で感じることのできる素晴らしい場所だった.

 

アンテロープキャニオンへのアクセスは,ラスベガスから車で約6時間・グランドキャニオンから1時間程度で,ナバホ・インディアンの居住地であるナバホ国内に位置する.そのため,個人で勝手に中を見ることはできず,必ずツアーガイドに同伴してもらう必要がある.中に入れる場所は,アッパーアンテロープキャニオンとロウアーアンテロープキャニオンの2種類があり,アッパーアンテロープキャニオンに入るためには近くのページという街でツアーの予約をしなければならないらしい.ラスベガスから飛行機で行くツアーもある.ロウアーアンテロープキャニオンには,現地に直接行って受付を済ませれば,ツアーに連れて行ってくれる.

 

俺はロウアーアンテロープキャニオンに行ったのだが,調べてみると...

  • アッパーアンテロープは足場がしっかりしていて道も広いが短い
    ガイドにしっかりついていく必要がある
  • ロウアーアンテロープは険しい道が長く続く
    ガイドはいるがかなり自由に動きまわることができる

足腰が弱い方はアッパーアンテロープを選んだ方が無難かもしれないが,ロウアーアンテロープの方が景色が良いという口コミもあった.かなり個人で自由に行動できるため,ゆっくり写真を撮りたい方はロウアーアンテロープの方がおすすめ.

 

 

アンテロープキャニオンとは,主に鉄砲水による侵食によってできた渓谷である.水の流れによって削られていったため,砂岩の表面が流れるような模様をしている.今でも雨が降ると鉄砲水がきて危険なため,悪天候時は入場が制限されてしまうので注意.今回も曇りのち雨の予報で不安だったので電話して聞いてみたところ,今日は一日大丈夫だろうとのこと.

 

到着して受付で入場料(28ドル)を払い,ツアーが始まるのを待つ.15人程度が受付を済ませるとツアーが始まる.

 

 

f:id:yakkun19:20150406131500j:plain

 

 

曇のち雨の予報だったのに予想外の晴天.雲が綺麗でテンション上がるなぁ.地面にウネウネしている穴があるのが分かるだろうか?これがアンテロープキャニオン.これから階段で下に降りて,この中を進んでいく.

 

 

f:id:yakkun19:20150406131508j:plain

 

 

入り口がすげぇ禍々しい.

 

なんかもうダンジョン感がすごい.最深部にめっちゃ強いボスいるだろコレ.厨二心をくすぐること間違いなし.

 

 

f:id:yakkun19:20150406131516j:plain

 

 

入ってみると光が上から差し込んでいて,表面が砂岩特有の色に染まっていた.入り口の禍々しさからは想像出来ないほど神秘的.ただ,足場は悪く道も細いため,冒険感はすごい.進むだけですっげー楽しい.

 

 

f:id:yakkun19:20150406131522j:plain

 

 

水の流れで岩ってこんなに滑らかに削られるんだなぁ.一体どれだけの時間をかけて出来上がったんだろう.ちなみに触った感触は普通の岩.それがまた不思議.

 

 

f:id:yakkun19:20150406131529j:plain

 

 

場所・時間によって太陽光の入ってくる量が変わり,また違った景色を見せてくれる.

 

 

f:id:yakkun19:20150406131534j:plain

 

 

ここはガイドの人が教えてくれた写真スポットらしい.ガイドの人がすごく親切で「写真撮ったげるよ!」って何枚も写真を撮ってくれた.iPhoneのカメラで綺麗に撮るときにオススメのモードなど,色々細かいところまで教えてくれた.ありがたい.

 

 

f:id:yakkun19:20150406131539j:plain

 

 

全長約1kmで30分を超えるツアーになるため,後半は少し飽きてきてこういうネタ写真を撮り始める.「とりあえずジャケ写っぽいやつ撮ろう!」みたいなノリ.いくらモデルが悪くてもこれだけの背景だったら少しはマシに...ね?

 

 

 

いかがだったでしょうか?写真からも分かる通り景色も素晴らしいのですが,1kmの細くて高低差のある険しい道を進んでいく冒険感もめちゃくちゃ楽しいです.どこか違う世界に迷い込んでしまったような錯覚に陥るほど,今までに見たことがない世界が広がっています.グランドキャニオンからも近いので,ラスベガス→グランドキャニオン→アンテロープキャニオンっていう流れでぜひぜひ訪れてみてください.

 

 

広告を非表示にする